DXとは

IoT、IT、AI、RPA、5G、RT、AR、VR、cloudなどの最先端のデジタル技術でアナログであったものをデジタル化(DX化)し、人々の生活を豊かにしていきます。「デジタルトランスフォーメーション」は、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念で、「進化し続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていく」ことです。

IoT3.0とDX~モノの所有権からアクセス権へ~

アナログであったものをデジタル化し、有効活用することで、全産業でディスラプション(破壊的イノベーション)・ビジネスパラダイムシフトを引き起こし、人々の生活を豊かにしていきます。
そもそも全産業でDXを起こすには、大前提として全てのモノ情報をアナログからデジタルに変換しなければいけないです。でもそのためにはコストや時間が莫大にかかってしまい、なかなか浸透していないのが現実です。だからまず、そのハードルを究極に下げて、DXの基盤となる「全てのモノ情報の取得」というのがコンセプトです。

今後、人々の生活や働き方の変革、持続可能な企業・産業への変革が起きていきます。

しかし、それの活かし方はまだまだ確立されていないのが現状です。 世界中の企業がDX市場を狙って活発な動きを見せています。 具体的な活用法や、事業創出など、様々なアイデアが必要です。