こんにちは。IoTLaBスタッフの吉田です。
また、LaBでの活動をアレコレ更新していきます!

前回LaBのレーザーカッターで作成したWelcomeオブジェですが、ちょっと地味です・・・。
前回の製作の模様はこちらをご覧ください。→Welcomeオブジェを作ってみよう!その1 レーザーカッター編

どうにかしてもっとかっこよく!

もう少し、どうにかしたいと思うのが、作成した私の親心でもあります。
もっと……何かあるはず……

ということで、どうやればこのWelcomeオブジェをよりカッコよく、目立つようになるか、
いつも通りホワイトボードにアイデアを出します。

こんな感じが、良いのではないでしょうか!
LEDを使いスポットライトのように光をあてる構成です。

パーツを探して使ってみます

100円ショップで良さそうなモノを発見!

これを実現させる為に、今回は100円ショップにパーツを探しに行き、こんなものを買ってみました。
(100円ショップはDIYerの聖地とも言えるほど、色々とパーツが揃っているのでおすすめです!)

息を吹きかけるとLEDのON/OFFが出来るというちょっと面白いLED照明です。今回はこの商品を使って、Welcomeオブジェをリッチにしてみます!

分解してみます

商品を分解してみます!

中の構成から、恐らくこんな感じの回路になっているのではないかと、予想しました。
フッと息を吹きかけた時の音声をマイクで拾ってLEDをON/OFFさせる構成です。製品自体のON/OFFスイッチも付いています。
(これが100円なんですね……驚きです。)

この基板、電池、マイク、LED、ON/OFFスイッチを流用して、作ってみようと思います!

3Dプリンターで外装を作ってみます

設計

早速3DCADを使って、外装を設計してみます!
3DCADソフトは前回と一緒のFusion360を使用しています。
今回は3Dプリンターを使用して出力できるよう、考えながら設計をしていきます。

印刷してみます

IoT LaBの3DプリンターであるUltimaker2を用いて、造形していきます!
とても綺麗に造形できる、おすすめの3Dプリンターです!

完成!

造形した部品を用いて組み立てます!
そして、前回制作したWelcomeオブジェを照らしてみました!

なんでしょう、思ったよりまだまだ地味ですね……
ですが、フッと息をかけるとライトをON/OFF出来るので、きっと皆さまに楽しんでいただけるはずです!
センサも使っているので、IoT LaBらしいモノが出来て、私も満足しています!

さいごに

さて、Welcomeオブジェにこだわり、このようなLEDスポットライトオブジェを作りました。
100円ショップで販売されているものを流用したリメイクです。
たかが、100円ショップで売っているものとは言え、自分で手を加え、リメイクをすると愛着が増します。
ちなみに、今回制作したものはIoT LaBの入り口に飾ってあるので、触れてみてくださいね!

皆様も様々なモノのリメイクをして、楽しんでみてはいかがでしょうか?
ものづくりの楽しさは人それぞれです。
作ったモノを自分で使って楽しむ、作る体験やその工程を楽しむ、作ったモノを誰かに使ってもらって喜んでもらえる。色々な楽しみを少しでもお手伝い出来る存在でありたいと思います。

ものづくりをより身近に感じられるIoTLaBを、これからもどうぞ宜しくお願いします!

当施設の会員登録無料キャンペーンはまだまだ引き続きやっております!50%オフクーポンもついてきますので是非この機会に登録を!
皆さまのご来店をお待ちしております!

ご予約はこちらから